日勤常勤看護師へ転職するメリット・デメリット



看護師の退職・転職理由の一つにあるのが、夜勤勤務の大変さです。体や心への負担が大きいのもそうですが、子育て中のママさん看護師だと育児・家事と仕事の両立が一層難しくなります。

といって、パートやバイトで働くには家計への負担もあり踏み切れないと考える看護師さんが多いです。そうした悩みを抱える看護師さんに注目を集めている働き方なのが、「日勤常勤看護師」という働き方です。


その名の通り、常勤看護師として働きつつ夜勤勤務がないという、「正社員看護師とパート看護師の良いとこ取り」のような働き方です。ですが、日勤常勤という働き方にデメリットはないのでしょうか?

そこでここでは、日勤常勤という働き方のメリット・デメリットを紹介し、また日勤常勤看護師に強い求人サイトを紹介します。

日勤常勤に強い看護師求人サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    常勤看護師の転職支援で最も人気の高いサイトです。人気の秘密は、転職希望者への手厚いサポートです。転職担当者が紹介する転職候補先はマッチリング率が高く、転職先との条件交渉も行ってくれます。転職先の登録数も国内最大級で、利用者の満足度が96.2%なのも納得です。転職希望の方は必ず登録しておきたい会社です。

    ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    全国13万件もの求人情報を扱う、大手の看護師求人支援サイトです。転職支援への手厚いサポートでそれなりに定評があります。地域密着型の転職エージェントに加え、電話相談窓口を設けるなど他社にはない支援体制をひいています。


     無料登録はコチラ

  • ナースではたらこ

    ナースではたらこ

    楽天リサーチで利用満満足度、2年連続でNo.1を獲得した看護師求人支援サイトです。求人数自体はそこまで多いとはいえませんが、非公開求人を数多く抱えることと、求人支援サポートが手厚いことで利用者から支持を集めています。


     無料登録はコチラ

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    登録求人数で国内最大級の看護師求人支援サイトです。人気の秘密は、その求人登録数の多さです。看護師への支援サポートという点ではいまいちなのですが、求人数の多さから登録する看護師さんは多数おります。日勤常勤を希望される方はなるべく登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

  • ナースパワー人材センター

    ナースパワー人材センター

    25年の実績を持つ看護師求人支援会社です。西日本に地盤を持つことから、西日本での看護師求人支援に強いのが特徴です。日勤常勤だけでなく、パートや派遣でも実績があります。独自の応援制度をいくつも設けていて、特色のある支援会社と言えます。


     無料登録はコチラ

日勤常勤看護師として働く魅力に迫ります!



看護師が活躍する勤務先も様々ありますが、転職先として人気が高いのが日勤常勤看護師の求人です。

日勤常勤は、安定性がありながら、一定の時間帯で働けることから、家庭との両立をはかりたいというお母さんや、プライベートな時間をしっかりと確保したい、という方にぴったりな働き方です。

ここでは、そんな日勤常勤看護師のメリットについて見ていくことにしましょう。


日勤常勤看護師のメリット



1.夜勤せずにすむので、家事・育児と仕事を両立しやすい

看護師の悩みで多く挙がるのが「夜勤」です。夜勤は手当がつきますので、お給料が増えるというメリットもありますが、生活のリズムが乱れることで体調を崩したり、休日を有意義に使うことができないなどのデメリットも目立ちます。

子育て中の方はもちろん、家庭をお持ちの方であれば、極力夜勤は避けたいところですよね。しかし、職場の雰囲気的に「わがままは言えない・・・」と、お困りの看護師さんも多いのではないでしょうか。


日勤の職場であれば夜勤はありませんので、そうしたストレスに悩まされずに済みます。また、終業後は自由な時間ですので、友達とご飯の約束をしたり、既婚の方であれば料理や掃除にとばっちり家庭との両立が叶うでしょう。

お子さんとの貴重な時間もしっかりと守られますので、子育てしながら働くことも十分可能になります。


2.身体への負担が少ない



病院で働く看護師の多くは、日勤・夜勤を含めたシフト制で働いていると思います。日勤の次は夜勤、夜勤の次は日勤・・・のように不規則な働き方をしていると、体には様々な問題が引き起こされます・・・。

人間はもともと朝に目覚めて昼間に活動し、夜に眠るというメカニズムが備わっていますので、通常であれば体を休めるべき夜に活動することで、体内時計が乱れ、ホルモンバランスに影響を及ぼします。


ひどいと女性の場合は、無月経や不妊といった婦人科系の病気を患うリスクが高まってしまいますので、気を付けたいところ。

その点、日勤常勤であれば、夜更かしでもしない限り健康的な生活リズムを過ごすことができますので、身体への負担が少ないと言えます。


「独身のうちに夜勤でお金を稼ぎたい!」と考えている女性も多いかもしれませんが、将来の為にも今のうちから日勤へとシフトチェンジしていくことをおすすめいたします。


3.正社員なので、社会保険・年金など福利厚生を受けられる



日勤常勤の魅力はやはり、福利厚生が充実しているところではないでしょうか。勤務した時間や労力によってもたらされる給与の他に、自分にとって利益となる様々な手当が受けられるのは、常勤ならではのメリットだと言えますよね。

職場の規模によって受けられる福利厚生は変わってきますが、社会保険への加入の他、看護職賠償責任保険や普通損害保険といった看護師特有の保証、住宅手当や資格手当などの各種手当もこの福利厚生に含まれます。


パートでもフルタイム(週5日、8時間以上)で働けば福利厚生を受けられる場合もありますが、どの職場でも福利厚生を受けられる訳ではないですし、そもそもフルタイムでパートで働く位なら、日勤常勤の方が有利な面が多いと言えます。


4.ボーナスをもらえる

常勤で働く場合、ボーナスや退職金と言った手厚い待遇が用意されています。 常勤で働く場合の看護師の平均ボーナス額は、年間78万円ほどです。看護師の平均月給は32万円ほどですので、2か月分以上のボーナスが期待できると言えます。

看護師は専門性の高い国家資格であるため、パートやバイトで働くにしても非常に高い時給額が設定されていますが、非常勤で働く場合は基本的にボーナスや昇給はなく、昇進と言ったチャンスもありませんので、常勤と比べると年収には大きな差が生まれてしまいます。

ボーナスの有無は仕事へのモチベーションにも繋がりますよね。

いかがでしたでしょうか。福利厚生やボーナスなどの待遇については日勤に限った話ではありませんが、常勤だからこそ得られるメリットは思っている以上に大きいものです。

しかし、日勤常勤だからこそのデメリットも存在しますので、今度はその点について掘り下げて見ていくことにしましょう。

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

日勤常勤看護師のデメリットは?



日勤常勤は確かにメリットが多い働き方ではありますが、人によってはデメリットに感じてしまう面もあります。ここでは、そんなデメリットを簡単に紹介します。


1.通常の常勤看護師よりも給料が安い

常勤看護師の平均年収は450万円強と言われています。ですが、日勤常勤の場合、これより100万円ほど年収が下がるケースは珍しくありません。

なぜこれほどまでに給料が下がってしまうのかと言うと、夜勤がないためです。看護師の方はみなさんご存知だと思いますが、看護師の高い年収は夜勤手当が大きく影響しています。


夜勤が入れないことで大幅な収入ダウンは避けられませんが、職場によっては日勤であっても高収入を得られるところもあります。その為、日勤でも収入アップを目指したいという方は看護師専門の転職サイトで、条件の良い求人先を見つけると良いでしょう。


2.仕事のやりがいを感じられないケースも

日勤常勤の職場は病院以外(保育園、美容外科、老人ホーム)であることが少なくありません。そのため、病院勤務に較べて仕事の負担が少ない場合も多いのですが、逆を言えばそれだけ仕事にやりがいを感じられないと感じる方もいます。

看護師の資格を活かせる高度な仕事がしたいという方は、先端医療を扱う病院勤務が適していると言えます。しかし、病院特有の緊迫した空気が苦手だったり、看護師としてのキャリアアップにそこまでのこだわりはないという方は、日勤常勤が可能な職場に向いているでしょう。


3.看護師としてのスキルが向上しない

上とも重なる部分がありますが、病院以外の職場で働くとなると、看護技術を磨く機会が少ないというのもデメリットです。もちろん日勤常勤でも病院勤務になることもありえますが、外来であることが多く、看護技術の最前線で働くケースはあまりありません。


以のように、日勤常勤看護師といえどメリットばかりではありません。それでも、仕事の負担を減らしつつも正社員として働きたい方、仕事と家事・育児を両立させたい方にはオススメの働き方とも言えます。仕事の負担で悩んでいる方は、一度検討してみてもよいかもしれません。


日勤常勤看護師の求人をお探しの方は注目!



日勤常勤看護師は、非常に人気がある求人ですので、勤務地や収入、福利厚生など、自分が求める条件にマッチした求人先を見つけるのが難しいと言えます。

そこで上手に活用したいのが看護師専門の求人サイトです。看護師求人サイトは、全国の医療機関はもちろん、看護師が活躍する様々な求人情報を紹介しており、日勤求人も簡単に見つけることができます。


気になる条件項目をチェックするだけで自分にぴったりな職場を探し出すことができますので、仕事を続けながら転職活動をしようと思っている、と言う方にもとっても役立つサービスなのです。

求人サイトでは、就職や転職のアドバイスをくれる専任のコンサルタントがいますので、何か不安な点があれば気軽に相談することも可能です。やさしく丁寧にサポートしてくれますので、転職に不安のある方でも安心して頼ることができます。

下記では、日勤常勤看護師に特化した求人サイトを紹介していますので、お探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

<関連サイト>
公益社団法人日本看護協会
保健師、助産師、看護師、准看護師の有資格者による団体。

公益社団法人 和歌山県看護協会
和歌山県の看護協会です。地域の看護師研修の情報や、求人情報を紹介しています。

このページの先頭へ